セカンドカーの購入や、廃車手続き、中古車市場のこと、教えます

中古車情報


中古車の問題
■修復歴のある車

中古車では、交通事故で破損した事故車を修理して販売することがあり、その事故を隠した状態で販売したりすることがあり問題となっている。

事故車の場合は事故によって目立つ破損部分の他に見つけることが難しい欠陥していることもあり、消費者がその欠陥部分を知らずに乗っていて、事故を起こす危険があるので問題となっている。

またニコイチ車や盗難車、水没車などの経歴を隠した状態でオークション市場に流れることもあるそうです。

走行メーター改算

中古車の販売では事故歴の隠蔽して販売を行う以外に走行距離のオドメーターの数字を巻き戻して走行距離を短く見せて販売しているところもあるそうです。

そういった車は故障で修理するときに表示されている走行距離以上に部品が消耗していることがわかるので問題となっています。 なお、年式の割には走行距離が年間で2000キロから3000キロぐらいの車は注意した方が良いでしょう。

メーターを巻き戻されていなくても車を動かしていないのでメンテナンスがされていないと思われます。 その他に過去の整備履歴を記した整備手帳がなかったりして整備状況がわからないといったことも多く問題となっています。

 

現在では日本オートオークション協議会が中心となって走行メーターの管理システムによる自動車オークション経由での走行距離の不正を防止しているそうです。

環境に関する問題

自動車 Get you-!など日本の自動車業界は環境負荷の低減方策について、修理などによる長期的な使用を行うよりも新車などに乗り変えるように政策として進められています。

例えば、新車登録からガソリンエンジンで13年、ディーゼルエンジンなら11年経過後に自動車税が割増となっています。

そういったこともあり、自動車NOx・PM法の関係で関東地方や関西地方などでは機能的に全く問題ないのに古い自動車の変更登録を行うことができなくなっているそうです。

法案対象となるのはトラックやバス、ディーゼルエンジン搭載の乗用車であり、地方のバス会社などでは経営が苦しいので新車を購入することができず、20年以上も使用している会社も多いので都会で10年ぐらい使用した規制不適合の中古バスを譲り受けて使用することが多いようです。

しかし、2005年に東京都知事が「法案対象のディーゼル車を地方で再利用しているのは公害問題として地方に移転しているようなものだ」と発言したことによって都営バスを地方バス会社に中古販売を行うことを認めなくなったそうです。

2011 idle reduction All Light Reserved.